各職場の雰囲気を知ろう

飲食店員

飲食店の求人に応募する際は、その店がどのようなタイプに属するかを事前に理解しておくことが大切です。まず、ファミリーレストランですが、この求人で気を付けたいのが勤務時間です。深夜までの営業と24時間営業のところがあります。もし、深夜勤務に抵抗がなければ、その分、時給が上がるので、割りの良い仕事だといえます。深夜は来店数も少なく、仕事を覚えながらの勤務も難しくはないでしょう。通常は、ランチタイムかディナータイムがメインの時間帯になります。ファストフード店の場合は、何といっても、学生アルバイトが多いのが特徴でしょう。場合よっては、自分より年齢の低いスタッフから指導を受けることになるので、そこに抵抗を感じてしまうと仕事がし辛くなるかもしれません。マニュアルがきちんとしている店が多く、初心者でも仕事内容を覚えやすいでしょう。比較的、勤務時間帯を選びやすいという利点もあります。

アルコールを扱うお店の特徴を考える

店内

飲食店の中でも、居酒屋は夕方から深夜12時までの勤務がほとんどです。オフィス街等、サラリーマンが対象の店舗では、日曜日が休みの場合もあります。ホールは、案内や注文取りに始まり、片付けや会計などファミレスなどとほぼ同じですが、より、明るさや元気さが求められるでしょう。キッチンは仕込みや調理等の仕事になります。バーやビアガーデンは、夕方から明け方近くまでの勤務です。場合によってはアルコールドリンクを作ることもあり、覚えたい方や興味のある方には勉強になるでしょう。ビアガーデンは繁忙期は特に忙しいので、積極的に体を動かせる人に向いています。一方、バーの求人にはスマートな接客や気配りが求められます。

飲食の店舗で働くメリットを考える

店員

飲食店で働くメリットはいくつかあります。まず、お店全体で1つのチームだという実感があることです。そのため、チームスポーツをしていた人などは、特に楽しく働けるかもしれません。また、料理やアルコールドリンクなどの作り方に詳しくなることもあります。ちょっとしたコツを覚えて、自宅で作ってみるのも楽しいでしょう。さらに、社会経験を積む場所としても、飲食店の求人はおすすめです。就職前の学生なら、今後の就活に役立てることもできます。社会人としてのマナーや言葉遣いなど、学べることは多いでしょう。

飲食のバイトを将来に役立てよう

注文表

飲食店の求人に応募して、経験を積んでいけば、時には、在庫管理やメニュー開発などの責任ある仕事を任されることもあります。ステップアップすることで時給が上がったり、やりがいが増えたりと様々なメリットがあるでしょう。特に、将来自分自身で飲食店の開業を考えている人には、向いている職場だといえます。接客や料理、さらには経営の基本を学んで、将来に役立てることができるでしょう。また、飲食店以外の起業を考えている人でも、職場で様々な人脈とつながることが、今後のプラスになることもあります。職場内や客とのかかわりの中で人間関係を大切にしていけば、思わぬ展望が開けることもあるでしょう。

広告募集中